GoogleHome miniとeremote miniで少しだけ日常に変化を与えてみる

こんにちわ、t12ya(@T12yaS)です!

7月も終わりです。
夏っぽいことなにもしないで終わりました。

家をスマートホーム化!

最近よく耳にするスマートスピーカー。
AmazonのAlexa、googleのhome、Lineのclover
ほかにもまだまだ出てきそうな勢いです。

実際なにができるのか?

google homeを購入するにあたってでできること、さらっと調べてみました。

これができる!

1 天気やニュースなどの読み上げ
2 音楽の再生
3 タイマーやアラーム
4 スマートホーム対応の家電操作

僕が使いそうなのはこれくらいでしょうか。


小さくて安価な「home mini」が気になるところです。
通常のGoogle homeとは何が違うのでしょうか。

2つの違いとは?

google home google home mini
値段 \15120 \6480
サイズ H:142cm W:96cm H:42cm W:98cm
カラー
ホワイト・スレート ファブリック
チョーク、チャコール、コーラル
電源 DC電源 マイクロUSBポート

2つともgoogleアシスタント搭載

google homeはグーグルストアで15120円、home miniは6,480円。
home miniはかなり安いですね。
高さにだいぶ違いがあります。

スピーカーが結構差があるようで、miniを使って高音質で音楽を流したい場合は別途bluetoothスピーカーが必要になりそう。

僕の使う予定の機能を考えれば、できることはそんなに変わらないので、やっぱりminiでいいかなぁと思い量販店で購入してきました!

その際に見つけたのがeRemote mini

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イーリモートミニ eRemote mini 新登場 次世代スマートリモコン【Am…
価格:6280円(税込、送料無料) (2018/7/23時点)

Google home miniの横に置いてありました。
これで照明、エアコン、TVのon/offがgoogle homeを介して音声で操作できるようになります。

セットアップはアプリから!

スマートスピーカーはWIFI環境が必須になります。
アプリをDL、立ち上げてアカウントを選択。
homeが検出されます。
どこで使用するかや使う音楽サービスなど細かな設定をしていきます。

「ねえ、グーグル。今日はどんな日?」

はじめは一人で機械に話しかけることに抵抗がありましたがすぐに慣れました(笑)

「ねえ、グーグル。今日はどんな日?」
これで今日の温度や天気、設定したニュースの読み上げなどをしてくれます。
なにかとバタバタする朝、ちょっとした情報を耳に入れるにはいいかも。


音質に関してはこれで音楽を聴くことはあまりないと思うので特に不満はなし。
会話の読み上げとかには全く問題ない音質だと思います。
「なにかかけて」で勝手に選曲してかけてくれるので掃除や読書のBGMくらいに使ってみるのもありでしょうか。

eRemote miniと連携して家電を操作できる!

こちらもWIFI必須。アプリをDLします。

スマホからWi-Fi経由で指示を受け、赤外線で各家電に信号を送ります。
やりたかったのはこの操作!
eRemoteに赤外線で操作するリモコンを学習させ覚えさせます。

Google homeと連携させるとこんな感じ。

「電気つけて」で部屋の照明がon、「消して」でoffになりました。
なぜかエアコンも連動してしまいますが、照明を無理やり「エアコン」という名前にしてるからか…?
とりあえず音声で操作はできるようになりました。

2か月ほど使ってみて

2か月ほど使ってみてどうだったのか。
結論を言うとなくてもいい
でもあるとあるでいい

実際多用している機能はアラーム、タイマー、スマートホームの操作、そして「今日はどんな日?」。
スマホですべてできてしまう機能ばかりですが、これが声だけでできてしまうのは実際使ってみてかなり便利でした。

エアコン等の細かな操作ができるようになるとなおよいかなぁ。
アップデートでそのへんも搭載されるといいなぁ。

カレンダーと連携できるし、そういう人には簡易的な秘書感覚で使えてさらに便利になるのではないでしょうか。

はたしてリモコンが部屋から消えるはくるのか…!笑

t12ya